営業のバイトでおすすめはこれ!おすすめの理由は?


「自分に向いているバイトが見つけられない・・?」
大丈夫です!ご安心ください!

あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

営業の仕事を知らない人は、ただ顧客に訪問して新規受注をすることや、ルート営業ならばノルマもなくルーティンの仕事をしていればよいと思っている人も多いはずです。

しかし、営業は会社の顔ですので、アルバイトが対応できるような仕事ではないのです。

営業の仕事の範疇に入るか否かわかりませんが、顧客を増やすことを目的とするならば、アルバイトができることは、チラシやティッシュを配る程度しかできないと思います。

また、スーパーなどで試食販売をする程度のことしかできないと思ったほうが良いです。

アルバイトでも一定の実績をあげれば成果報酬がもらえるなどと謳っているいるような企業は、本質的に考え方が間違っています。

いくら求人がありましても、アルバイトをすべきではないです。

まだ、マニュアルが整備されていたり、先輩がしっかり業務内容を教えてくれればよいのですが、自分のスタイルで仕事ができることを強調している会社は全くおすすめすることができません。

アルバイトですら、ある程度の成績を残さなければ、長い間アルバイトを続けることができません。

雇用主から、

「時給を支払っているので、しっかりと売上などの成績を残してもらわなければ困る!」

といわれるのが落ちです。

また、いくら能力のある人でも、経験がないような人は対人関係をうまく築くこともできないと考えられます。

対象者全員 最大15万円のお祝い金がもらえるバイトはこちら!

【最速で最適な求人を見つけたいあなたにピッタリです!】
しかもたった3分でサクッと手軽に稼ぐことができちゃうんです!


祝い金がもらえてサクッと簡単に稼げるバイトはこちら
↓ ↓ ↓


ですから、営業関連の仕事をしたいならば、事務の仕事をおすすめします。

営業事務ならば電話応対や簡単な書類を作ること、経理の補佐をするなど責任がなく、本来の営業は正社員の先輩に任せればよいのです。

また、ものを売るという意味で営業と考えることができるならば、スーパーやコンビニなどのレジ打ちなどの仕事をすればよいのです。

もちろん、コンビニなどで働くためには、レジ打ちだけでなく在庫管理などもしなければなりません。

なので、決して楽な仕事ではありませんが、顧客を相手にして対人関係になれるという意味では、学生時代にアルバイトをしておけば、正社員として就職する場合に役立つこともあります。

また、ジャンルは全く異なりますが、運送会社のドライバーをすることや、ビザの宅配をする仕事も営業の仕事だと言えます。

とにかく新規顧客を開拓するような営業の仕事をアルバイトが対応することは、どう考えても無理ですので、外回りの営業を伴うようなアルバイトならば、避けるべきです。

いくら時給がよくとも長続きしません。そして嫌な思いをすることも多いのです。

・・・とは言え、もちろん、あなたの能力次第ですね。。

確かに営業のお仕事は大変ですが、あなたご自身の能力によっては、ものすごくやりがいのある仕事です。

自分にぴったりなお仕事を簡単に見つける方法はこちら!

【本当にやりたいお仕事をお探しの方必見です!】
自分に合ったお仕事の適性を無料で簡単チェックしちゃいましょう!

あなたにぴったりなお仕事を見つける方法はこちら
↓ ↓ ↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加