美大生におすすめのバイトは何?おすすめの理由は?

自分に向いているバイトが見つけられない・・?
大丈夫です!ご安心ください!
あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

美大生におすすめのバイトといえば、イラストレーターのアルバイトでしょう。

別に、イラストレーターの使用経験がなくても、美大生というだけで採用される可能性があります。

バナーやロゴの作成は、イラストレーターが自由に使えるというよりは、美的センスのほうが問われるものです。

いくら、イラストレーターを使いこなしていても、美的センスがなければ、素晴らしいデザインは作れないものです。

まずは、手書きでイラストを書いて、イラストレータのアルバイトの面接に行ってみましょう。

これからの時代は、絵の具や鉛筆で書くだけではなく、イラストレーターを使用してデザインするのが、当たり前になってきています。

ペンタブレットも慣れれば、鉛筆のように使えるようになるものです。

美大生の人は、芸術的センスはあるのですが、就活でアピールする部分が難しかったりするものです。

映像系でも、制作会社に進むのでも、イラストレーターで作った、デジタルデータをWebで応募したほうがいいに決まっています。

美大生は卒業しても、芸術を追求していきがちですが、個人でアトリエを開くのは、なかなかできないものです。

美大生の場合は学費も高いですし、卒業したら、美大を出たメリットを使わないともったいないと思います。

イラストレータを使いこなせれば、就職先も、出版社、映像製作会社、広告代理店と幅が広がっていくはずです。

学校に通いながら、イラストレータのアルバイトで、デジタルデザインのスキルUPを行っていけば、卒業後の進路も変わってくるはずです。

イラストレータは難しそうと思うのは、イラストレータが機能が多いからです。

実際のデザインの現場で使う機能は、そんなに多くはありません。イラストレータを使って、2週間もすれば、仕事になれるはずです。

まずは、手書きでイラストを書いて、求人サイトに載っている、イラストレータのアルバイト募集広告に応募してみましょう。

学校で美術の勉強、アルバイトでデザインの仕事の実務と効率的な学習ができるはずです。

ソーシャルメディアの時代には、デジタルデザインのできる人材は、どこでも欲しがります。

せっかく、美大に進んだんですから、手書きだけではなく、デジタルデザインのプロを目指しましょう。

他のアルバイトもいいですが、せっかくですから、勉強している内容と同期している仕事をしたほうがいいと思います。

まずは、求人サイトで探して応募してみましょう。

イラストレーターアルバイトのおすすめはこちらから

アルバイト頑張ってくださいね~^^

自宅で手軽に稼ぐこんな方法もありますよ!

実はアルバイトをしなくても簡単にお金を稼ぐ方法があるのをご存じですか?

それは自宅で好きな時にのんびりと気楽に稼げる方法なんです。

もし、興味があればこちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加