薬学部生におすすめのバイトはこれ!おすすめの理由は?

自分に向いているバイトが見つけられない・・?
大丈夫です!ご安心ください!
あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

大学生になり新生活が始まると、アルバイトを始めたいと思う学生さんも多くいるといえます。

なかでも薬学部の学生さんにおすすめのバイトとしては、薬局など医療機関の受付や医療事務のバイト、または家庭教師、もしくは短期や派遣のアルバイトの3つがあげられます。

まずは医療機関でのバイトですが、こちらは学業と直結して知識や経験が活かせたり、将来就職することを見越して職場の内部事情を知ったり、薬剤師としての業務をそばで見学できる機会がどのバイトよりも多くもてる職種といえます。

働くなかで、接客マナーや社会人としての常識、薬品の知識や患者さんの病状に対応するスキルなどが現場で学べることも大きな特徴としてあげられます。

次に家庭教師のバイトですが、こちらは理系および医療系の大学受験者として希望の大学に進学するためにコツコツと頑張ってきた今までの学業の努力が活かせる職種です。

働き方としては、まず。家庭教師の派遣業務を行っている会社や大学内で学生センターが行っている特定の大学生の家庭教師募集枠などをチェックして登録しておきます。

そして、日時や頻度、学習レベルなどの条件に見合ったお宅に訪問して中高生に勉強をわかりやすく教えることが主な仕事です。

メリットとしては短時間で高額のお給料がいただけることや、自分の都合で出勤頻度や時間がある程度選べるという点です。

しかし、勤務先の家庭での立ち振る舞いや生徒や保護者との信頼関係づくりも必要な仕事なので、相性が合わなかったり気疲れをしてしまう場合もあるので、向き不向きがあるといえますが、忙しい薬学部生の収入の得かたとしてはおすすめです。

そして最後に短期や派遣のアルバイトですが、このバイトをおすすめする1番の理由は時間に融通が利き、自分のペースで仕事選んで入れられるという点です。
薬学部生は毎日朝から夕方までみっちりと授業が入っていることも多く、次の学年へと進級するために課せられる厳しいテストも頻繁にあるため、土日も勉強が欠かせません。

さらに学年があがると一定期間の医療現場での実技実習や現役合格が求められる難関の国家試験への対策など授業や研究以外にも一切手を抜かずに取り組まなければいけないことが山のように出てきます。

なので、はじめのうちは週に何回も入っていたバイトもシフトを減らしたり、辞めざるを得ない状況になることも多く、バイト先にも迷惑をかけてしまったり、自身の収入も激減してしまう可能性があります。

そこで短期や派遣のアルバイトであればそのような心配は一切なくなるので、派遣会社やイベント会社に登録して常に仕事を探せる状況を作っておいたほうが色々と楽なのです。

単発の仕事がほとんどなので、職場や職種が毎回違うことが慣れないかったり、1つの場所で安定して関係を築いて働きたいという方には不向きかもしれません。

薬学部生におすすめのアルバイトはこちらから

自宅で手軽に稼ぐこんな方法もありますよ!

実はアルバイトをしなくても簡単にお金を稼ぐ方法があるのをご存じですか?

それは自宅で好きな時にのんびりと気楽に稼げる方法なんです。

もし、興味があればこちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加