ティッシュ配りのバイトでおすすめはここ!おすすめの理由は?

自分に向いているバイトが見つけられない・・?
大丈夫です!ご安心ください!
あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

駅前や人通りの多いところで、ティッシュ配りをしている光景をよく見かけます。

英会話、住宅、出会い系、消費者金融など、さまざまな業種での宣伝のポケットティッシュが配られています。

ティッシュ配りをしている人はアルバイトで働く人たちがほとんどです。

客と会話をしたり交渉をすることもありませんし、見ている限りは、非常に簡単な仕事のように見えます。

しかし、実際にはそれなりの難しさもあります。

うまくコツを押さえてやっていかないと、効率が上がりません。

実際にバイトでティッシュ配りをする場合は、普通は、配る地域にポケットティッシュが1000個が入った段ボールを持ちこみます。

1000個というのは、なかなかの重さです。
それを通行人に手渡していくのですが、やり始めたころは、1時間に100個のティッシュ配りが精一杯でした。

慣れてくると、1時間に200個以上もティッシュ配りができるようになったのです。

誰もが思うことかもしれませんが、ティッシュをこっそりと捨ててしまい、ティッシュ配りを済ませたという形にすれば大変楽ができます。

しかし、依頼主は配布率を把握していますので、不正をするとすぐにばれてしまう仕組みになっています。

ティッシュいくつに対して、どれぐらいのレスポンスがあるのかを、依頼主は把握しているのです。

また、時には、配布対象が限定されている場合もあります。

例えば、マンションの販売など、学生風の通行人に渡しても意味がありませんので、相応の年齢層の人にだけ、ティッシュ配りをするように求められます。

ティッシュ配りのバイトをしばらく続けていると、こちらが差し出したティッシュを受け取ってくれる人と断る人の区別がつくようになってきます。

うつむき加減で、目が下のほうに向いている人は、ほぼ全員受け取ってくれません。

反対に、友達としゃべりながらでも、目は前のほうを見ている人であれば、だいたい受け取ってくれます。

中には、ティッシュを1つ手渡すと、追加を要求されることもあります。

基本的には、同じ人に2つ以上を渡すのは禁止ですが、要求された場合は2つを渡しても、まずは問題になりません。

ティッシュ配りのバイトをするのは、夏よりも冬のほうが快適です。

結構動き回る仕事ですので、寒さはさほど感じません。逆に、夏ともなると、特に汗をかきやすい人にはやりにくいバイトでしょう。

なお、このティッシュ配りのバイトのいいところは、一番に時給の高さがあります。

1000円以上の時給というのは、結構なおすすめではないでしょうか。

そして、簡単な仕事ですので、神経を使わずに済む点です。気楽にできるのがいいところです。

そして、体を動かすので、いい運動になるのも、ティッシュ配りのバイトのメリットです。

ティッシュ配りのおすすめアルバイトはこちらから

自宅で手軽に稼ぐこんな方法もありますよ!

実はアルバイトをしなくても簡単にお金を稼ぐ方法があるのをご存じですか?

それは自宅で好きな時にのんびりと気楽に稼げる方法なんです。

もし、興味があればこちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加