コミュ障の方におすすめのバイトはこれ!おすすめの理由は?

自分に向いているバイトが見つけられない・・?
大丈夫です!ご安心ください!
あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

「コミュ障」とはコミュニケーション障害の略称です。

例えば、人見知り気味で話すことが苦手なうえ、他人に声をかけられるとどう返答するかを考えすぎてしまって言葉が出なかったり、まともに返事ができないこともあるなど、他者とのコミュニケーションを取ることが難しい人のことを指します。

求人誌などに掲載されているバイトの多くは、人との関わり合いを避けることが難しく、コミュ障の方ににとっては働きづらい職場がほとんどであることも事実です。

しかし、そんななかでもコミュ障の方におすすめできるバイトは存在します。

新聞配達のアルバイト

まずは、新聞配達のバイトです。

新聞配達の仕事内容はシンプルで、新聞販売店から配達する予定の新聞を受け取り、各戸を訪問して郵便受けに新聞を入れていくというものです。

配達場所がマンションなどの集合住宅の場合は、マンションの入り口まで配達予定の新聞が届けられており、そこからマンションの各部屋に配達するということもあります。

新聞配達がコミュ障の方におすすめできる理由は、人と会話をする機会が全くないことです。

販売所に新聞を受け取りに行くときは、担当区域ごとに分けて置かれているため社員に話しかける必要がなく、配達中は地図を見ながら各戸をまわって新聞を入れていくだけなので、難しくありませんね。

また、朝刊の配達であれば通行人やマンションの住民と遭遇することも滅多にありませんので、まさにコミュ障にうってつけのおすすめバイトだと言えます。

新聞配達のおすすめアルバイトはこちらから

食品工場でのアルバイト

食品工場でのバイトもおすすめできます。

食品工場での仕事はほとんどがライン作業で、マスクをして業務を行うため社員や同僚とコミュニケーションをとる機会がほとんどないのです。

作業中におしゃべりをすると製造している食品に影響が出るため、会話が禁止されている工場もあるほどです。

ライン作業以外の業務は、デザートの生地作りやパスタの製麺などがありますが、決まった内容を工程順に行うというシンプルな作業です。

例えば、パスタの製麺は複数の材料を計量して製麺機に投入し、製麺機をスタートさせて成形された麺をケースに入れるという工程を複数人で行います。

しかし、それぞれの作業は独立しており同じ作業を一日に何度も繰り返すため、声を出して連携を取るといったことは滅多にありません。それぞれが黙々と自分の仕事を行っているのです。

コミュ障の方のバイト選びは、人とのコミュニケーションを取らなくても仕事を進められるバイトを選ぶようにしましょう。

食品工場のおすすめアルバイトはこちらから

自宅で手軽に稼ぐこんな方法もありますよ!

実はアルバイトをしなくても簡単にお金を稼ぐ方法があるのをご存じですか?

それは自宅で好きな時にのんびりと気楽に稼げる方法なんです。

もし、興味があればこちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加