警備員のバイトでおすすめはこれ!おすすめの理由は?

自分に向いているバイトが見つけられない・・?
大丈夫です!ご安心ください!
あなたにピッタリのアルバイトを簡単に見つける方法があるんです。


詳細はこちらの無料適職診断をクリック!
↓ ↓ ↓

警備員の仕事をするときに気をつけなくてはいけないのが、仕事に就く前に研修を受けなければいけないということです。

これは警備業法という法律で決められたことであり、基本教育15時間、業務別研修15時間の最低でも30時間の研修を受けなければなりません。

この研修がない警備員のバイトは、違法な業者である可能性もあるので、絶対にやめておきましょう。

違法な業者である場合、警察にバレて会社がつぶれてしまったり、給料が支払われないということが起こり得ます。

警備員のバイトをやるには、最低30時間の法定研修が必ずあります。

この法定研修をどのように行うかは警備会社によりますが、4日~5日かけて行うことが多いようです。

この期間にも給料は発生します。

法定研修の期間でも給料は発生しますが、「研修を受けるだけで給料がもらえるなんてお得だ」などと思っていると、期待を裏切られることもあります。

会社にもよりますが、法定研修の給料は、「10日以上働いた時点で支払われる」などと条件がついていることがあります。

この場合、10日以上仕事をしないと法定研修の給料も支払われません。

学生アルバイトの場合、夏休みが終わってしまって、10日という条件をクリアできなかったという話もよく耳にします。

「ビルの警備でないとやりたくない」というように、自分で仕事を限定してしまっていると仕事が来ない可能性がありますので、なるべく「交通誘導でもなんでもします」と言っておいて、10日の条件は早めにクリアしておいたほうが良いでしょう。

会社によっては、「一人前に仕事がこなせるようにならないともらえない」ということもあります。

法定研修の給料がいつもらえるのかについては、面接の段階でしっかりと確認しておきましょう。

以上のことをふまえて、警備員のバイトでおすすめなのは、やはり大手の警備会社です。

大手の警備会社では、規則がしっかりとしているため、きちんと働いていれば仕事は紹介してもらえますし、法定研修の給料も早いうちにもらうことができるでしょう。

また、大手の会社では信頼があるため、仕事の種類も豊富です。

小さな会社では「うちは交通誘導しかやっていない」というところもありますが、大手では「ビルの警備、公園の警備、イベント警備」など、種類が豊富でいろいろな経験ができます。

また、シフトが比較的自由に組めるのも魅力です。

小さな会社の場合、「人員が足りないので出てくれないか?」という電話が休日にかかってくることもあります。

警備員の仕事をやるなら、まずは大手の警備会社がおすすめです。

警備員のおすすめアルバイトはこちらから

自宅で手軽に稼ぐこんな方法もありますよ!

実はアルバイトをしなくても簡単にお金を稼ぐ方法があるのをご存じですか?

それは自宅で好きな時にのんびりと気楽に稼げる方法なんです。

もし、興味があればこちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、ぜひこの機会をお見逃しなく^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加